YAMIKEN/BLOG  コマ撮りアニメで本格SF映画制作中。
03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
支援有り難うございました!!
今回の「Junk Head 2」の制作資金募集ではでは海外サイトを含めると755名の支援のお申し出を頂きました。
残念ながら資金集めは目標額を達成出来ませんでしたが、皆様本当に有り難うございました!!


そしてクラウドファンディング以前にショッピングカートでの申し込みをして頂いた方々。
本編公開後、早々にお申し込み頂き心強かったです。
有り難うございました!!
ただクラウドファンディングで申し込んで頂いた場合は自動で返金処理がされるのですが、
口座への入金でお申し込み頂いた方々へはお手数ですが返金の為のメールをお送りしました。
もし届いていない場合は迷惑メールに入っていないかご確認下さい。
それでも無い場合はどうぞご連絡下さい。


そして今後ですが、自分は続編制作を諦めた訳では有りません。
資金集め当初は、お金が集らない程度の作品なら続編を作る意味が無いと
思っていましたが、映画祭での受賞や皆様の評価を実感している今は
制作を続けて行く意義を心底感じています。

まだ決定では有りませんが現在、某企業からの資金提供の話が有り
近々話し合う予定です。

ただ制作に対する制限や自由な表現が出来なくなる様なら断るつもりです。

ダメだった場合でも新たな資金集めの方法も思案中で、最近は資金集めも映画制作の一部だと思うようになりました。
クラウドファンディングは失敗でしたがネットの普及で今迄とは違う資金集めや発表の方法が出来ると考えていて、色んな方法を試しながら今後自主制作でデビューする人達の指標にでもなれたらと思います。

「Junk Head」シリーズはもちろんですがその他にもやりたい事や、やらなければならない事が多々有りなかなか集中出来ない日々で、メール等の返信も抜けているかもしれません。申し訳有りません。

最近はなかなか更新出来ていませんでしたが、これからは出来るだけ状況等お知らせして行くので今後も宜しくお願いします。










2014/03/09(Sun)15:53 [ コマ撮りアニメの作り方 ] Comment/8. . TOP ▲
Junk Head/Setting
Junk Head/Setting

0dg01.jpg

In the distant future, humanity is hurtling down a path of ruin. Global environmental destructon caused by chemical contamination, radioactive fallout, and UV rays coming through the patchy ozone layer has lead to deterioration of the human genome.

In an attempt at escape, humans expanded their sphere of daily existence underground, but they were decimated by an ancient virus that had been sealed there.

However, by developing gene recombination technology using the virus’s genes, mankind was able to attain a lifespan that could be called “immortal.” The human body became inorganic at the molecular level. No breathing or blood circulation was necessary; as long as a faint electric stimulation was present, even existence as a disembodied head was possible.

(It was popular to change one’s body as fashion, and bodies that were no longer needed were fitted with AI heads and sold as laborers.)

However, mankind’s new atomic structure was unstable, so once every 10 years it had to be reconstructed. As long as that reset was accomplished, humans could expect “eternal” life, but in exchange, they lost the ability to reproduce.

In order to maintain their dwindling workforce, they started to create new beings patterned after humans using cloning technology, but the clones rebelled. At the end of a long war, a ceasefire was reached that has now lasted 1,200 years, with the two sides living separately: the humans on the surface and the clones below ground.
(However, at the border there are incessent skirmishes, and this story’s protagonist is unable to evade one of these attacks.)

The outbreak of a new virus saw the population reduced even further, and human society reached a critical point in the fight to preserve mankind.

It is during this crisis that a surveillence camera sent underground discovers clones that were unexpectedly able to reproduce, and an investigation is launched. (For population control reasons, clones were not originally built with reproductive functions...)

It is unclear how far the underground extends.

The ecology of the uniquely evolved clones is also unknown.

However, in order to carry on the species, mankind desperately needs that genetic information.




The Protagonist


He was a dance instructor in human society; however, due to the decreasing population, the studio fell on hard times and he was let go. He happened to see a want ad seeking members for an underground investigation team and applied.

2013/11/16(Sat)02:10 [ コマ撮りアニメの作り方 ] Comment/0. . TOP ▲
アーマチュア設計ソフトが!!
このブログを見てる人でコマ撮り制作をしている人がどれだけ居るか分かりませんが、本気のコマ撮りを目指すならやっぱりアーマチュアは必須だと思います。

なかなかアーマチュア制作の情報のは少ないのですが、アーマチュア等を制作している川村さんが、設計支援ソフトを制作し無料配布しています。

右側に有る armature calculator と言うバナーをクリック!
これ!!

ある程度知識が有る人向けかもしれないけど、実寸印刷も出来るので人形デザインからジョイント寸法を考えたり等、すごい参考になります。

コマ撮りアニメを作ってみて一番重要だと実感したのはアーマチュアの精度で、今回自分のコマ撮り作品で一番の失敗はアーマチュアの精度不足だったので、もっと早く川村さんに会っていれば更に良い作品になっていたでしょう。






追加情報を頂いたので、コメントより転載。


最終画面で Crtl と Shift を押しながら Tetsu's armature calculator ロゴをクリックすると、パーツ画像モードになります。
このモードでは、パーツの上面・側面の画像を、実寸の1倍・4倍・8倍で描くことができます。
画像はクリップボードにコピーできます。これを Illustrator 上に置いた人形原寸図の上にペーストすれば、アーマチュアのサイズや配置がシミュレーションできます。
(1倍で描かれたパーツ画像はそのままでいいですが、4倍・8倍のものは Illustrator にペーストした直後、それぞれを25%・12.5%に縮小してください)




2013/02/12(Tue)23:23 [ コマ撮りアニメの作り方 ] Comment/0. . TOP ▲
なるほど、、、
sakumiさんに頂いた情報のこのページで
http://gigazine.net/news/20120731-paranorman-making/
一つ謎が解けました。

今年公開の「ParaNorman」ですが、これ系の大作コマ撮りアニメではよく顔のパーツをすげ替えてコマ撮り撮影しているのを良く見ます。
paranorman_faces.jpg

paranorman_pieces.jpg
元記事http://www.3dprinter.net/paranorman-animated-movie-3d-printing


数は多いし、色も上手く揃えないと不自然だしめんどくさそー、と思ってたけど実はこれ、(この映画が初めて?)このブログで前に記事にもした3Dプリンターで制作されているらしいのです。


最初から色付きの立体になるので、役者の表情をモーションキャプチャし3Dキャラをアニメートして立体出力すれば、完璧なコマ撮りパーツのの出来上がりです。
発注だと高く付くので機械を購入しているんだろうなぁー、、、
とか思いつつ貧乏自主制作者の自分には縁のない話であります。



しかし、、、



その事を知ってしまうとアナログ的なコマ撮り映像としての面白みが何だか薄れてしまう気がするのは自分だけだろうか?
やろうと思えば全部立体出力のすげ替えのコマ撮りにすれば完璧な映像が出来てしまうと言う事だけど、それが究極のコマ撮り映像なのだろうか?
それともぎこちなさが残る、不完全なコマ撮り映像に魅力を感じているのだろうか?

コマ撮リストは完璧な動きを目指してアニメートしつつ、お金さえ有れば完璧な映像が出来るのに、、、という自分の存在意義を疑うジレンマに陥りながら生き続けなければならないのか?

などと言う事はお金持ちになって考えよう。





まあお金が有ったら真っ先に3Dプリンター買うけどね。  ケケケッ



2012/08/01(Wed)22:49 [ コマ撮りアニメの作り方 ] Comment/0. . TOP ▲
コマ撮りアニメの作り方
今さらですがコマ撮りアニメーションの作り方。

コマ撮りアニメの映像も基本はパラパラマンガと同じで、ちょっとずつ動かした画像を連続して再生させ
動画映像にしていきます。

立体人形のコマ撮りアニメーションの場合、素材は様々で自由な発想で造形できます。
人形の素材も色付き粘土であったり、フェルトであったり、フォームやシリコン等々。

最終的に動いて見えれば何でも有りです。

自立式人形アニメのコマ撮りの場合、人形の芯になる骨格部分は糸ヒューズやアルミ線等のワイヤータイプか、
金属間接を使用したアーマチュアやプラモデル間接に使うポリキャップ等。

動きを滑らかにする為に肝心なのはこの骨格部分で、mm単位で動かしその動きを保持させなくてはなりません。

骨格素材もそれぞれ一長一短が有り、
ワイヤーは軽くて作るのも簡単ですが、曲げてるうちに金属疲労でいずれ切れてしまいます。
コマ撮り撮影の途中で切れた場合は、人形を解体してワイヤーを付け直す事になります。

アーチュアは精密に動かせ耐久性も有りますが、作るのが大変で、重くなり、
間接部分が大きくなるので人形の造形にも制限が出てきます。
海外の大作コマ撮り映画のキャラクターもこのアーマチュアが多い様なので理想としては、これが良いのかもしれません。

ポキャップ製は自分はあまり良く知らないのですが、
可動フィギュアで良く動いている映像が、You Tubeとかに有るので結構使えそうです。
市販の可動フィギュアであれば気軽にコマ撮り映像をを作ってみたい人にはいいと思います。


自分はボディーはアーマチュアで指等の細かい所はワイヤーの作りになっています。


いずれ時間が有れば、モーター式の屈曲装置を作り、保持力や耐久性のテストもしようと思います。


コマ撮り用の人形制作はまず最初にこの骨格からスタートなんですが、自分はすでに制作済みで、
画像も撮っていなく、いずれ作る時に紹介と書きましたが、当分作る予定が無いので、


Adobe Premiere Pro ・ After Effectsでクレイアニメ&人形アニメを作ろう!Adobe Premiere Pro ・ After Effectsでクレイアニメ&人形アニメを作ろう!
(2010/01/07)
オカダ シゲル、川村 徹雄 他

商品詳細を見る


この本にアーマチュアの作り方からコマ撮りアニメの撮影等、詳しく載っているので、自作しようと考えている人は買った方が早いです。

自分の通っていたコマ撮りアニメーション教室の船本先生も著書に関わっていて、教室でアーマチュア制作の授業もやっています。

教室で知り合った川村徹雄さんが上の本でアーマチュア制作部分を担当しています。
DynaFX
のま




川村徹雄さんの様に綺麗に作るのは難しいかもしれませんが、物作りが得意な人ならアーマチュアの画像を見れば作り方の想像は付くと思います。
材料は東急ハンズや、ホームセンター等にも有ります。

自分は真鍮の平角棒やネジ等はホームセンターで購入し、真鍮球は
ここ
まのり

で購入しています。
道具等もホームセンターで買った安い物ばかりです。




なので骨格のアーマチュアはとりあえず飛ばします。
肉の部分になるフォームラテックスの扱い方も上の本に載っているのですが、
自分的に考えた別の方法が有るので、今度紹介してみようと思います。




end
2010/12/19(Sun)08:14 [ コマ撮りアニメの作り方 ] Comment/0. Trackback/0 . TOP ▲