QLOOKアクセス解析
JUNK HEAD/YAMIKEN  コマ撮りアニメ「Junk Head」制作中。
12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
フォームラテックスマニュアル 1 (自己流)
フォームラテックスまたはフォームラバーと言われていますが
ラテックスと言うのは乳液の事で、ラバーはゴム状の伸び縮みする物という事なので
材料の状態か、完成した製品の状態かと言う違い。



自分の使っているフォームは4種類の材料から構成されていて、
ベース(ラテックス/天然ゴム)
フォーミング材(発泡材)
キュアリング材(硬化剤)
ゲリング材(ゲル化材)です。

この材料をミキサーで撹拌しながら混ぜ合わせ、オーブンで加熱して硬化させます。

日本の物は3種類の様ですが基本的な構成成分は同じ様な物で、
ベースと発泡材が最初から混ざっている状態の様です。

フォームラテックスを購入すると撹拌スピードや撹拌時間等の
マニュアルが入っていますが、この通りに作業すると失敗する確率がデカイです。

道具等すべての制作環境を向こうと合わせれば別ですが。

ミキサーで混ぜ合わせながら、とろみの有る泡状の内に型に流し込むのですが
下手をすると撹拌している最中に固形化して材料を廃棄する事になり、
上手くいっても型に流し込める時間が3~5分程度と短く、複雑な型だと
流し込んでいる最中に固形化してやはり廃棄と言う事になります。

特に原型に突起が有る様な物の型の場合、奥までフォームが入り込まず欠損した状態になります。
細かい所迄入れ込む様な作業の場合3~5分ではとても足りません。

継ぎ足しで別に作ったフォームを入れても発泡率等の違いで完成品につなぎ目が出来てしまいます。
(それぞれのフォームの硬さが違ったり、つなぎ目にキレイに入り込まず溝状になったり)

なので一発で丁寧に型に流し込む時間の余裕が必要なので、自分でいろいろと実験を繰り返し、
~数時間という長時間の可使時間を得る方法を発見しました。
(自分が知らなかっただけで、すでに有る方法なのかもしれませんが・・・・)



まず最初に知っておく必要が有るのは、それぞれの材料の意味と硬化のメカニズムです。

ベース(アルカリ性)は天然ゴムからなるラテックスで、ゴムノキから採取した樹液です。
天然ゴムと言うのは採取したままだと外気に触れpHが低下し数時間で凝固してしまうので
凝固を防ぐため安定剤としてアンモニアを添加しpHを10以上にしています。
なのでこの材料は鼻に突き刺す様なアンモニア臭がします。

フォーミング材(アルカリ性)は界面活性剤で泡立てる役割です。

キュアリング材(アルカリ性)はラテックスを加流させるための硫黄です。
ラテックスに硫黄を混ぜ加熱すると架橋と言う反応をおこし硬化します。
この材料が混ざっていないと加熱しても硬化せずに粘着質が残り、
触ると泡が潰れたまま(ケーキを押しつぶした感じ)になりスポンジ状になりません。


上記3種類はアルカリ性で、まずこの3種類を同時にミキサーで撹拌し泡立て、
5倍位に膨らんだら次のゲリング材を投入します。



ゲリング材(酸性)というのは液体を固形化させる物です。
ラテックスの成分であるタンパク質が酸性のゲリング材で凝固しています。
※これはキュアリング材の加流(硬化)とは別の意味です。
上記3種類を泡立てた状態というのは、材料自体はまだ液体のままです。
ゲリング材が混ざっていないと、泡が潰れていき液体に戻ってしまい、
混ざっていない部分は空洞になってしまいます。


メカニズムは、3種類のアルカリ性の材料を酸性の材料で固形化
加熱により硬化させる、と言う物です。


アルカリ性のラテックスに酸性を混ぜ、中性になった時に固形化します
そして実際作業するにあたり一番問題になるのがゲリング材(酸性)を投入して
中性(固形化)になるまでの時間になります。
この時間の内に型に詰め込まなくてはなりません。


次はこの時間の調整方法等を紹介します。





end
2010/12/22(Wed)08:30 [ フォームラテックス ] Comment/0. Trackback/0 . TOP ▲